2019-12-27

冬季休業のお知らせ

平素は格別のお引立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
弊社では下記の期間を夏期休業と
下記の期間を冬季休業とさせていただきます。
2019.12.28sat - 2020.01.05sun

期間中いただきましたご連絡お問い合わせは
1/6monより順次対応いたします。

2019-12-13

内窓とグレタさんと中村哲さん

最近省エネ建築デザインの学び直しをしていて、勉強会にも出来るだけ参加してます。限りなくゼロに近い暖房冷房エネルギーの少ない家にできちゃうと。そうすると原発は止めたまま、さらに化石燃料を輸入調達してまで火力発電しなくていい未来が見えてくると。

さて。中村哲さんの「三度の食事が得られること、自分のふるさとで家族仲良く暮らせること、この二つを叶えてやれば、戦はなくなると言います。私ではなくて、アフガニスタンの人々の言葉です。十人が十人、口をそろえて。」
この言葉が印象的です。

アフガンが砂漠になったのは温暖化で山の雪がなくなったのが原因ですが、 その温暖化を食い止める行動をそろそろ一つ一つ検証していかなくてはならないという側面にきているらしいとは改めて思うところではあります。中村哲さんの偉業と悲報を受け止めて何ができるだろうと考えると途方も無い気持ちになりますが、それでも戦争の悲劇を嘆く前に、我々にもできることがまだだいぶありそうです。

ここで話を建築に戻し、 「省エネ建築」というと一定の富裕層のものというイメージがありますが、確かに完璧を目指せば当然まとまった金額になります。
でも、完璧じゃないと意味ないかというと全然そうでもなく、とりあえず難しいこと考えずに家の一番大きな窓を高断熱内窓にするのに、mac一台新調するより安いくらいの感じでできますから、「あ、今回の旅は鉄道に乗るようにしとこう」、とかいう感覚と同じように、「co2配慮で内窓つけとこう」、というのもあるんです。

熱が逃げてる割合は窓が5割、続いて床、屋根なので、今ひとつ省エネだの断熱だのピンとこない人は、この順番でリノベ も実感を伴ってやってけばいいはず。

 とはいえ、紺屋の白袴かなんか知らんが、私もふと自宅(築30年の中古住宅)がおざなりになっていることに遅まきながら気づきました。自分たちの快適性のためだけでは中々腰が上がらないのですが、CO2削減ー温暖化対策ー断ち切れぬ悲劇の連鎖を断ち切る一歩中村さんには到底及ばぬがーという連想をすると、やっぱりやっとこうと思い立ち、先日高断熱内窓を発注してDIY施工しました。(ガラスって重たいのでできれば二人いると安心です。)とりあえず南窓の1箇所だけつけてみましたら、やっぱり明らかな効果ありであったかいし暖房エネルギーも明らかに減る。それで家族の了解も多分得て、別の窓も追加発注したところです。

床の断熱リノベ・屋根断熱リノベも、家族の理解を様子みつつ、光熱費シミュレーションなど見せたりしながら、ちょっとずつ続いてやるつもりです。

一見なんの関連もない内窓と中村さん、グレタさんがco2でつながる、という話でした。
年末年始でぜひ内窓DIYやってみてください。実家へのプレゼント、とかもいいと思います。

 ・グレタさんで注目、「飛び恥」が鉄道に追い風
https://toyokeizai.net/articles/-/319079?page=4 
・ペシャワール会 中村哲医師に聞く。共に生きるための憲法と人道支援 <前編> http://sealdspost.com/archives/5388/2

・自分で内窓DIYできる人は、”高断熱内窓diy “とか “中空ポリカ内窓diy “とかで検索すると方法や購入先出てきます。

・ちなみに自宅は下記のリンク先で高断熱内窓を購入しdiy取り付けしました。
事務所の方はとりあえず中空ポリカで作りました。参考までに
https://ecouchimado.com/

2019-11-20

ティピのワークショップ@明蓬館高校SNEC関内

昨日は 明蓬館高校SNEC関内で高校生と
ティピのワークショップでした。美術のコマで何かワークショップをと明蓬館さんからお声がけいただいた折に、みんなとティピでも作ってみようかなと思った時に頭にあったのは、明蓬館高校SNEC関内を設計の打合せしている際、日野校長からなんども話にでた「レスパイトスペース」というキーワード。
レスパイトスペースとは、私の理解では気持ちの波が高すぎて誰でもここにいられないことってあると思うんだけど、その時に避難できるスペースのことだそうです。例えば学校みたいな場所にそのスペースがあるということがとても大事というお話。
今回のティピはとても簡単な構造と材料でできちゃいます。
五本の棒と布で組み上げて、自分たちもティピの中に入ってサイズ感を確認して空間を調整しながら、朝拾った落ち葉などで飾りつけたりクレヨンで落書きしたりして個性的なものが4つできました。
まあこれが実際にどう機能するかは別ですが、レスパイトスペースなんていつでも簡単な材料で自分で作りだせるんだ、と頭の片隅に残るといいなあと思っています。
次回はこの可愛い移動式tipiを明蓬館高校Bay1の屋上に持って行ってサンドイッチでも食べながらピクニックしようということになったのでした。
あー楽しかった。



2019-11-01

関内外オープン!11 オープンスタジオのお知らせ

明日、関内外オープン!11にてシェアスタジオをオープンいたします
最近朝晩の冷え込みがいよいよ秋深くらしくなってきましたね。
手がけた事例の紹介します。
プチ断熱リノベとかプチDIYとか、あるいは本格リノベとか。
この物件どう?とか そのほかお気軽にご相談どうぞ。
まずはおいしいコーヒー用意してお待ちしてます。
(マツモトコーヒーロースターズの焙煎したての豆です。)

2019-07-22

8月の夏季休暇のお知らせ

夏季休暇のお知らせです。
8/3(土)- 8/20 (火) の間、
島にてこどもたちと海に潜ったり山に登ったりしております。
上記期間中にいただいたご連絡は、8/21 以降、随時返信させていただきます。

良い夏を。

2019-07-12

赤坂リノベ、写真UPしました! +設計メモ


/赤坂リノベmemo/ 

設計の間、また現場が始まってからも工事中頭の中をぐるぐる回っていたのは、都心に住む、しかもこんなど真ん中の場所にすむということについて。
オーナーには好きなようにやってくれて良い(予算の中で)(もちろん入らなかったら困っちゃうけど)とありがたいお言葉いただいておりました。
最初は賃借人の方のターゲット設定?に頭を悩ませましたが、やって見たところで架空の下手なお話を作り上げても仕方ないと自分たちにできることをやるしかないと腹を決めて取り掛かりました。(小さい賃貸リノベに大げさですが)

仮に自分たちが赤坂に住むとしたら借りたい家を作ってみるところからはじめました。
仮とはいえ、私自身は赤坂に住みたいとは思えず、それで最初は違和感を呑み込むことができませんでしたが、
工事中の騒音クレーム対応を通して結果仲良くなった近隣録音スタジオとか、あるいは、管理人との日々の何気ない会話、井戸端会議してる近所の元気な初老女性たちまたはやコンビニの店長とかあるいは野菜を並べる八百屋のお兄さん、放課後の子供達の開放された声、保育園から聞こえる赤ん坊の泣き声

ここにも綿々と続く暮らしがあることが徐々にわかり始めて、ここでしかできない暮らしがあることも理解しました。
この空間を作ることを通して、都市をよりよくする小さい一つのかけらを積むことが可能かも。と思い始めたら、あとはイメージを掴むのにそんなに時間かかりませんでした。 
そして、ここなら住んでみたいね と言い始めたのでした。



2019-07-03

【07/06(土) 11:00-15:00 赤坂リノベーション open-house のお知らせ】

【07/06(土) 11:00-15:00 赤坂リノベーション open-house のお知らせ】
梅雨まっさかりな今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
さて、この度、古市久美子建築設計事務所/設計、LIUKOBO/施工 の赤坂リノベーションが竣工いたしました。
築45年のマンション、45㎡ほどの部屋のリノベ、吸放湿性のある素材を使い、居心地の良い空間となりました。
賃貸物件です。

乃木坂駅から徒歩五分、青山一丁目駅から徒歩七分
都市のど真ん中ですが、どこか下町らしさの残る街中に。

ご都合よろしければ、散歩ついでになど、ぜひいらしてください。

お手数ですが、ご連絡いただきましたら、住所など詳細送ります。info@furuichikumiko.com
古市久美子建築設計事務所 古市






2019-04-10

GW休暇のお知らせ

4/26-5/6までGW休暇で島にいます。その間いただいたご連絡は、5/7に返信いたします。

2019-03-28

古市久美子建築設計事務所インタビュー記事@ 泰有社

古市久美子建築設計事務所インタビュー記事が
泰有社のサイトに掲載されました。
大谷薫子さんによる渾身ライティング!!中川達彦さん撮り下ろし!!
わたし自身読んでて面白い!
こんな風に書いてくださる方がいることに、感動してしまいました。
http://taiyusha.co.jp/file06/

2019-01-07

2019 謹賀新年

本日より仕事始めです。

年末は連日大掃除年始は新潟で子どもたちと雪遊びしてました。
仕事に山に海に子供達にと色々ごちゃ混ぜですがそこから産まれる何かに目をコラしつつ・・今年もどうぞよろしくお願いします。良い一年でありますように!


2018-12-18

年末年始休暇のお知らせ

年末年始休暇のお知らせです。

2018/12/28-2019/01/06
の間、お休みいたします。
お休み中の連絡はメールinfo@furuichikumiko.comにお願いします。
2019/1/7より順次お返事申し上げます。


2018-10-31

「八角形のアトリエ」

「八角形のアトリエ」
竣工後1年でお邪魔した竣工写真UPです。
http://www.furuichikumiko.com/works/422/

撮影アイマに差し入れいただいた具沢山の野菜味噌汁とおにぎりがまた、おいしくて!
写真家の水谷綾子さんとテンションが上がってしまいました。



2018-10-25

サイン設置

学習スペースの入口をわかりやすく案内したいというご要望から サイン設置いたしました。FablabKannaiのレーザーカッターとアナログペイントの組み合わせ。


2018-10-09

日記

先日、仕事の打ち合わせで新宿へ。

最近は上京することも少なくなったせいか、都心へでるとふらふらするのである。

なんとか仕事を済ませて、久しぶりだから、家具の展示などちらっとみたりするんだけど、そのキラキラ感についていけない。冷や汗さえ出てくる。

帰宅してとっちらかっている家の中で、またこちらもとっちらかった動きをするチビ猿たちを肴にワインなぞ開けて飲んでると、安心安心。ママだけずるいーなどの声をかわしつつ忙しない隙間だとしても。

求める建築はとっちらかっててもどこか自分の居場所だと思えるような場なのかー。