2019-11-20

ティピのワークショップ@明蓬館高校SNEC関内

昨日は 明蓬館高校SNEC関内で高校生と
ティピのワークショップでした。美術のコマで何かワークショップをと明蓬館さんからお声がけいただいた折に、みんなとティピでも作ってみようかなと思った時に頭にあったのは、明蓬館高校SNEC関内を設計の打合せしている際、日野校長からなんども話にでた「レスパイトスペース」というキーワード。
レスパイトスペースとは、私の理解では気持ちの波が高すぎて誰でもここにいられないことってあると思うんだけど、その時に避難できるスペースのことだそうです。例えば学校みたいな場所にそのスペースがあるということがとても大事というお話。
今回のティピはとても簡単な構造と材料でできちゃいます。
五本の棒と布で組み上げて、自分たちもティピの中に入ってサイズ感を確認して空間を調整しながら、朝拾った落ち葉などで飾りつけたりクレヨンで落書きしたりして個性的なものが4つできました。
まあこれが実際にどう機能するかは別ですが、レスパイトスペースなんていつでも簡単な材料で自分で作りだせるんだ、と頭の片隅に残るといいなあと思っています。
次回はこの可愛い移動式tipiを明蓬館高校Bay1の屋上に持って行ってサンドイッチでも食べながらピクニックしようということになったのでした。
あー楽しかった。



0 件のコメント: