2018-06-12

プラスのドライバーを借りた。


昨夜、洗濯機が故障。
こういう時、いかに家電に頼って生活しているか身にしみる。

自分で直せるのかと、子供達を寝かしつけた後も、
黙々と色々ネットにある情報でやってみましたが、ダメ。

翌朝、近所の電気屋さんに電話すると、
パルセーター(洗濯槽内部の羽)を外して持っておいでそれが摩耗してる可能性が高く、それならば交換すればいいだけだから、と。

早速持っていくと、
あれ、摩耗してないなー、これ、単なるビスのゆるみかもよ、これで締めてみて。それでもダメならモーター故障だからメーカーに電話しよう。と言って、大きなプラスのドライバーを渡される。

私これから出勤だから返却が夕方になっちゃうんですと言うと、
全然大丈夫だから、やってみてと。

昨夜から、洗濯機と格闘して、しかも洗濯機のない暮らし(修理を待つまで数日といえど)を想像すると絶句していて絶望感漂っていましたが、
とても温かい気持ちでお店を出て、出勤の途に着きました。
(直ったわけでもないのに安心感がありました。不思議です。)

さすが町の電気屋さん。
「お店とは、かくあるべき!」
私も事務所を持つ自営業の端くれとしてしかと心に刻みました。





後日談:
さてお借りしたドライバーで締め直してみるも、改善なし。
昨夜も見たけども一回洗濯機裏をひっくり返して見ると・・子供の洋服が回転ベルトに挟まっていて、それを取り除いたら直りました〜!
原因は違っていたけど、も一回見直してみようと思えたのは、貸してくれた方の後押しのお陰だ、感謝してお返ししましたら、連れ立って来たおチビたちにお菓子をいただいちゃいました。。。

0 件のコメント: